2018/11/07
人様の文章を読んだり、お話を聞いたりしていて、こう思ったことはありませんか? 「すごく興味のあるテーマだったので、楽しみにしていたら、内容はあまり面白くなかった」  ちょうど、昨日、同じ経験をしました。 1つは新聞記事です。 日経新聞の夕刊には、いくつか興味深い連載コラムがあります。...
2018/11/03
昨日は、中小企業の経営に関する2つの研究会にお声掛けをいただき、「後継者難を克服するーー老舗ベンチャーの発想と実践」と題してお話をさせていただきました。 「老舗企業研究会」http://www.shiniseken.com/kenkyuu/index.html ならびに、一般社団法人・東京都中小企業診断士協会の「ファミリービジネス研究会」http://www.t-smeca.com/lab/cat62/cat128/ の合同の研究会でした。...
2018/10/31
経団連の中西会長が、大学卒業予定者の就職活動開始時期に関する「ルール」の設定役として、経団連はふさわしくないと発言し、その役割から降りることを表明しました。 至極ごもっともなことだと思います。 しかし、それを受けて世の中は大騒ぎです。...
2018/10/27
先日、国立能楽堂の定例公演に参りました。 観世流宗家26世の観世清和のシテによる自然居士でした。 この自然居士は、観阿弥の作品です。 今年は、観世流創始者。観阿弥生誕685年にあたります。 さて、この日、シテが掛けていた喝食面は、なんと初代・観阿弥から代々伝わる面だそうです。...
2018/09/29
日本人っておもしろいですね。国を取り巻くマクロ環境と、国民の自信がキレイに同期しているのです。 19世紀後半に、二百数十年という長期の鎖国を終了して開国しました。ちょんまげに着物姿だったのが、文明開化で一転して西洋文明を導入しました。...
2018/09/26
あの日立が、自社ブランドでテレビを売るのをやめるそうです。 既に、製造は中止していて、日立ブランドのテレビは他社からのOEM供給だったとのことですが、今回はそれもやめるようです。 本日付の日経新聞の記事は、その代わりにソニー製のテレビを日立の家電販売店舗網で販売することを大きな驚きとして報じています。...
2018/09/04
我国における経営学研究の牙城のひとつに、一橋大学がある。ここに、沼上幹という巨魁がいて、すぐれた業績を残している。 彼の業績は多いが、なかでも経営者の「意図」についての考察は、着眼点もさることながら、その論考の精緻さにおいて、独自の領域を築いている。...
2018/08/16
去る7月27日(金曜日)、ファミリービジネス学会の研究セミナーが甲南大学東京駅キャンパスにて行なわれ、当研究所代表・上野善久が「間違いだらけの事業承継」と題して、約1時間講演させて頂きました。...
2018/06/20
いまあなたが、急に中小企業の経営を引き継ぐことになりました。さて、何から手をつけますか? いろんな参考書がいろんなことを書いています。それぞれの前提や立場が異なるので、一概に論評できませんが、私の実体験から言いますと、一番最初に絶対やらなければならないのは、「今日明日の資金繰りチェック」です。...
2018/06/17
昨年の秋、東京電機大学で開催されたセミナーに参加して来ました。 経営者であれば誰しも「世の中にないもの」を世に出す仕事をしたいものです。それこそがイノベーションです。 では、イノベーションとは、どのように生み出されるのでしょうか?...

さらに表示する