産業社会を考える · 2020/03/08
ここのところのコロナウィルスの影響で、時差出勤が見直されています。 時差出勤という言葉自体は、もう昭和のバブル前、高度成長期の終盤くらいから出ていた用語です。...
産業社会を考える · 2020/02/22
この図は、企業が従業員を採用しようとする際に、どのような候補者を選ぶべきかを考えるための模式図です。 タテヨコの線で区画された4つの窓には、それぞれ人名らしき漢字が記入してありますが、これはそれぞれの窓につけられたペットネームです。 実在の人物とは一切関係ありませんので、あらかじめお断りしておきます。
産業社会を考える · 2020/01/06
前回では、日本の大企業の殆どがイノベーションを起したいと願っているけれども、それが実現できない原因として、社内中枢にはびこる官僚制とそれが経営トップの最後の意思決定に及ぼすメカニズムについて考えました。 日本の大企業においてイノベーションが起こらないもう1つの原因として、企業規模の巨大化があります。...
産業社会を考える · 2020/01/05
新聞や経済誌などに掲載されている「年頭にあたり、大企業の経営トップに聞く」みたいな特集を斜め読みしてわかるのは、彼らがいま一番欲しい物は何かといえば、「自社におけるイノベーション」といったところでしょう。...
産業社会を考える · 2019/12/14
イギリスの総選挙で保守党が大勝しました。新聞は、これでイギリスのEU離脱は来年1月に実行されることが確定的になったと報じています。...
産業社会を考える · 2019/11/20
知人のHさんから、ご長男を紹介されました。ここではH君としておきましょう。 H君は、私立文系では最難関のK大学を目指していたのですが、残念ながら果せず、その次のランクの全国的に有名な伝統校に現役で入学しました。...
先週末、福岡市の西南学院大学にて開催された組織学会年次大会に参加して参りました。 開催校企画としてファミリービジネスに関するセッションが設定され、共同研究の発表とワークショップ形式でのディスカッションに登壇させて頂きました。...
経営者の生態学 · 2019/10/12
1か月前の話ですが、ヤフーがZOZOを買収しました。その発表会見を報じる日経新聞9月14日付の紙面がこちらです。 毎回この人の顔を見て思うのですが、「眼が死んでいる」のです。イケイケで成長するIT企業の社長なのに、獲ってから3日も4日も経った売れ残りの鰯(イワシ)のような虚ろな目つきというのは、どうも不思議です。...
 9月14日(土曜日)に静岡県立大学においてファミリービジネス学会の第12回全国大会が開催され、文字通り全国から専門研究者や実務家が多数参加して盛大に行われました。(写真は富士川鉄橋から望む秀峰。富士山とお約束の水道橋を鉄橋のトラスに遮られず1枚に収めるのは大変です)...
時期はお盆の真っただ中、場所もギンザSIXの中にあるウィーワークと、気候から何から実にホットな環境で、これまた最新の研究成果に触れることができました。 ちょうどその日の日経朝刊で、米国ウィーワークのIPOが決まったと報道されていたのも、ホットに輪をかけていました。...

さらに表示する