小手先ノウハウ集 · 2021/02/23
話をするときには起承転結に注意して、順を追って話すようにしましょう--などといまだに書いてあるのを見つけちゃうとびっくりします。 聴衆というのは暇ではありませんから、つまらない話につきあってはくれません。...
M&A · 2021/01/31
小規模企業は生産性が低いから統廃合して規模を拡大しなさいという論調は、4つの視点のうちたった1つだけを見て全体の結論に短絡しています。こんなお粗末な議論に騙されないように、産業を分析的に俯瞰する視点を提案します。
M&A · 2020/11/25
財務諸表を盛ることが目的のM&Aは失敗するという好例を日本郵政とキリンHDが身をもって実践してくれましたが、株主のおカネは大幅に毀損しました。
8月末にサンライズ出版から商業出版した拙著『戦後日本 流通業のイノベーター』が、大手の新聞や雑誌で続々と紹介して頂いています。 今週は、月曜日発売の週刊東洋経済の書評欄に大変大きく取り上げて頂きました。 しかも、経営学者の中沢孝夫先生に書評して頂く栄誉に浴し、大変好意的なご高評を頂戴しました。...
産業社会を考える · 2020/09/15
定食屋チェーンでJASDAQ上場の大戸屋ホールディングス(以下、大戸屋)が、居酒屋大手のコロワイド(東証1部上場)からTOBを受け、このほど成立しました。...
事業継承 · 2020/09/01
このたび、ファミリービジネスの事業継承を正常化する社会的な潮流の形成に微力ながら貢献したい一心で、家業のヒストリーを肯定的に伝承する事例研究を出版しました。 皆様のご高覧をお願いいたします。 詳しいことはこちらをご覧ください。
産業社会を考える · 2020/08/20
家電量販店でZoomを買う人がいる話。 「自粛警察世代」の高齢男性の情報リテラシーを上げるヒントがありました。
2020/07/08
きのうは七夕(たなばた)でした。 生憎の雨模様で、くだんの2つの星影は拝めませんでしたが、笹団子にありつけました。 星より団子という言葉がないように、七夕に笹飾りをすることはあっても、笹で巻いた団子を食べるというのは寡聞して知りませんでした。 ごく一部の季節の風物詩が、全国的な商売のネタになった例としては、恵方巻があります。...
産業社会を考える · 2020/07/08
これは2020年7月2日付の日経新聞です。 大手企業と協業する新興企業が、もっている技術やノウハウを協業相手の大企業に持っていかれてしまう例が増えていると報じています。 いま起こっていることの詳細はその記事をご覧いただくとして、ここで私は「さもありなん」と思うわけです。...
産業社会を考える · 2020/06/30
株主総会シーズンも最終盤です。 コロナ禍で、「株主様にはご来場をお控えくださいますようお願い」する上場企業が続出しています。 年に一度の、つまり泡沫株主にとっては年間で唯一株主扱いを(曲がりなりにも)される貴重な機会です。...

さらに表示する